出荷予定日の自動入力

受注伝票をLOGILESSに登録した際に、自動的に「出荷予定日」を設定することができます。「出荷予定日」は、オペレーター(倉庫)側でその日に出荷すべき出荷伝票を検索したり、購入者に出荷予定日を通知したりするために使用します。

出荷予定日の自動入力のルール

お届け希望日が指定されている場合

  1. お届け希望日から、都道府県ごとに設定されたリードタームを考慮した上で、もっとも遅い店舗稼働日を設定します。
  2. 計算された出荷予定日が過去になる場合は、当日の日付が入力されます。

お届け希望日が指定されていない場合

  1. もっとも早い店舗稼働日を設定します。
  2. 受注日時が締め時間よりあとであれば、翌日以降のもっとも早い店舗稼働日を設定します。

自動入力の例

  • 土曜日、日曜日が非稼働日
  • 締め時間が14時
  • 出荷作業日数は1日
  • 東京都へのリードタイムが2日間

木曜日 10時に注文された、翌週水曜日がお届け希望日の注文

  • 締め時間を過ぎていないので、一番近い出荷が可能な日は金曜日
  • 翌週水曜日のお届け希望日から逆算して2日前(翌週月曜日)からもっとも近い店舗稼働日は翌週月曜日
  • 出荷予定日は 翌週月曜日
ヒント

一番近い出荷が可能な日は「出荷作業日数」を加算して求めます。出荷作業日数が0のときは当日出荷が可能で、出荷作業日数が1のときは最短の稼働日のさらに翌営業日に出荷します。

木曜日 15時に注文された、翌週水曜日がお届け希望日の注文

  • 締め時間を過ぎているので、一番近い出荷が可能な日は翌週月曜日
  • 翌週水曜日のお届け希望日から逆算して2日前(翌週月曜日)からもっとも近い店舗稼働日は翌週月曜日
  • 出荷予定日は 翌週月曜日

木曜日 10時に注文された、翌週火曜日がお届け希望日の注文

  • 締め時間を過ぎていないので、一番近い出荷が可能な日は金曜日
  • 翌週火曜日のお届け希望日から逆算して2日前(翌週日曜日)からもっとも近い店舗稼働日は金曜日
  • 出荷予定日は 金曜日

木曜日 15時に注文された、翌週火曜日がお届け希望日の注文

  • 締め時間を過ぎているので、一番近い出荷が可能な日は翌週月曜日
  • 翌週火曜日のお届け希望日から逆算して2日前(翌週日曜日)からもっとも近い店舗稼働日は金曜日
  • 出荷予定日は 翌週月曜日

木曜日 10時に注文された、お届け希望日なしの注文

  • 締め時間を過ぎていないので、一番近い出荷が可能な日は金曜日
  • 出荷予定日は 翌週月曜日

木曜日 15時に注文された、お届け希望日なしの注文

  • 締め時間を過ぎているので、一番近い出荷が可能な日は翌週月曜日
  • 出荷予定日は翌週月曜日

操作方法

メニューの「設定」をクリックします。

タブメニューの「店舗」をクリックします。
店舗」セクションの中から設定を行う店舗をクリックします。
出荷予定日の自動入力」の「編集」をクリックします。
入力フォームを編集し、「送信」をクリックします。

この記事は役に立ちましたか?