インポート形式を設定する

受注伝票を一括登録する、発注伝票を一括更新する際に、事前にインポート形式を登録する必要があります。
また、登録したインポート形式を必要に応じて編集・削除することもできます。

共通操作

メニューの「設定」をクリックします。
タブメニューの「CSVフォーマット」をクリックします。
インポート形式」をクリックします。
設定したい伝票/マスタをクリックします。

新しいインポート形式を作成する

上部のタブメニューから「新規作成」を選択します。
各値を設定し、「アップロード」をクリックします。
  • 名前
    インポート形式を選択する際に表示される名前です。
  • ベースのファイル
    取込形式の基準となるファイルを選択します。インポートに使用するCSVファイルをサンプルとしてアップロードします。
  • 文字コード
    データをエクスポートする際の文字コードを選択してください。
  • 区切り文字
    インポートするファイルの区切り文字を選択します。
    ※ベースとなるCSVファイルがなく、LOGILESSの標準フォーマットを使用する場合は、「標準フォーマットから新規登録」を選択します。

取込ルールを設定します。

左側が「ベースのファイル」の1列目右側がLOGILESSのテーブル定義です。左側から取り込みたい列を選択し、右側から取込先の列を選択します。
この状態で、画面下部の「関連付け」をクリックすると、取込ルールが更新されます。

すべての取込ルールを設定したら、「登録」をクリックします。

既存のインポート形式を編集する

編集したいインポート形式の列にある「編集」をクリックします。
値を変更し、「登録」をクリックします。

既存のインポート形式を削除する

削除したいインポート形式の列にある「削除」をクリックします。
確定」をクリックします。

インポート可能なフィールド一覧

インポート可能なフィールド一覧は下記リンクよりご確認ください。
Excel形式はフィールド一覧のExcelファイルがダウンロードされます。