倉庫間移動を一括登録する

CSVファイルにより、LOGILESSに倉庫間移動伝票を一括登録することができます。

CSVファイルの作成

CSVファイルの構造

複数の商品を明細行に含める場合は、倉庫間移動コードによってひとまとまりの倉庫間移動伝票を判定します。倉庫間移動伝票に関する情報は、明細行の数だけ繰り返し入力します

CSVファイルの項目

特別な値

特定の列に特別な値を使用することで、LOGILESSに受注情報を取り込んだ後、システム上の設定値で上書きが可能です。

  • 通常、「商品名」は必須項目ですが、「商品名」に __article_name__ と入力すると、商品マスタの商品名で上書きが可能です。

CSVファイルのレイアウト

一括登録に使用するCSVのレイアウト(インポート形式)は自由に設定できます。

操作方法

画面左部メニューの「入荷予定」をクリックします。サブナビゲーションから「倉庫間移動」をクリックします。
画面上部のタブメニューから「一括登録」をクリックします。
インポート形式」を選択します。
インポートするファイルを選択して、「アップロード」をクリックします。
プレビューが表示されるので、正しい内容かどうかを確認し、「インポート」をクリックします。

一括登録のエラー

次のようなケースに該当する場合、倉庫間移動伝票の取り込みは「エラー」となります。同じ倉庫間移動コードが指定された行が複数あり、どれかひとつの行でエラーとなった場合は、同じ倉庫間移動コードを持つほかの行も取り込まれません。ただし、ファイル内のほかの指示コードの行は、そのまま取り込みが続行されます。

この記事は役に立ちましたか?