futureshop 商品対応表

処理の概要

futureshopの商品コードとLOGILESSに登録された商品コードの紐づけ方法を説明します。

操作方法

メニューの「マスタ」をクリックします。
タブメニューの「商品対応表」をクリックします。
自動作成」をクリックします。
プラットフォームが「futureshop」の店舗をクリックします。
futureshopから商品データをダウンロードします。
商品対応表の作成には、2種類のファイルが必要です。

在庫数登録用ファイルダウンロード」「バリエーション登録用ファイルダウンロード」 の両方をダウンロードしてください。

アップロード」をクリックします。
ファイルを選択」をクリックして、STEP 6. でダウンロードしたファイルをそれぞれ選択し、「アップロード」をクリックします。
アップロードした商品コードが「手順(2) 登録済みの商品対応表と比較」に表示されるので、商品対応表の追加、更新、削除を行います。
追加の場合は、LOGILESSの商品コードをフォーム上で入力してください。Bカートの商品コードとLOGILESSの商品コードが同じ場合は自動で入力されます。

更新」ボタンをクリックすると、設定した値が一時的に保存されます。(商品対応表には反映されません)

反映」ボタンをクリックし、STEP 8.で一時保存したデータを商品対応表に反映します。

futureshopからCSVをダウンロードする

初めてダウンロードする場合

運用メニュー」→「商品管理」→「商品データ一括登録項目設定」から、「バリエーション」タブを開き、「在庫閾値」から「JANコード」までの列にチェックが入っていることを確認してください

メインナビゲーションから「運用メニュー」をクリックします。
サブナビゲーションから「商品管理」をクリックします。
サブナビゲーションから「商品データ一括取得」をクリックします。
「ダウンロード用途種類を選択してください」から「在庫数登録用ファイルダウンロード」を選択し、「ダウンロード」をクリックします。
「ダウンロード用途種類を選択してください」から「バリエーション登録用ファイルダウンロード」 を選択し、「ダウンロード」をクリックします。