futureshop

futureshopとLOGILESSの間で、受注情報、在庫情報を連携させる方法をご紹介します。

連携機能の概要

CSV(必須)

  • 受注情報の取得
  • 出荷実績の反映

API

  • 在庫数の連動

futureshopでは、受注情報のAPIによる取込はできません。APIによる在庫数の連動を利用するには、メールで受注情報を取り込む必要があります。

連携を開始する

初期設定
futureshopとLOGILESSの連携を開始します。
CSVによる手動連携
CSVを使用して、手動で受注情報をLOGILESSに取り込みます。
APIによる自動連携
futureshopのAPIを使用して、LOGILESSと受注情報、在庫情報を自動連携できます。

その他

項目の対応
futureshopとLOGILESSで、受注/商品/在庫情報がどのように対応しているか確認できます。