Bカート APIで連携

連携の概要

LOGILESSとBカートのAPI連携を有効にした場合、その設定に応じて次の項目を自動的に連携できます。

受注情報

BカートからLOGILESSへ、受注情報が自動で取り込まれます。

出荷情報

LOGILESSからBカートへ、出荷情報(配送会社、配送追跡番号)が自動で送信されます。

在庫数の連動

LOGILESSとBカートの在庫数を連動させることができます。

在庫数を連携するには、商品対応表の作成が必要です。

初期設定

Bカートでの操作方法

Bカート APIにアクセスします。
ヒント

Bカート APIを利用するには事前にアカウント発行が必要です。Bカート管理画面にログインし、「各種設定」→「外部連携」→「BカートAPI アカウント管理」画面から「アカウント発行」を行ってください。

ナビゲーションから「アプリケーション管理」をクリックします。
Personal Access Tokens」で「Create New Token」をクリックします。
必要事項を入力して、「Create」をクリックします。
  • Name には「LOGILESS」などこのトークンを区別するための名前を入力します。
  • Scopes はすべて選択してください
表示された「パーソナルアクセストークン」はこのあとのLOGILESSの設定で使用します。

LOGILESSでの操作方法

メニューの「設定」をクリックします。
タブメニューの「店舗」をクリックします。
プラットフォームが「Bカート」の店舗をクリックします。
連携の設定」をクリックします。
API設定」をクリックします。
連携の設定を行います。
  • パーソナルアクセストークン
    「Bカート API」のページで取得したパーソナルアクセストークンを入力します。
  • 受注取込を自動実行
    RMSからLOGILESSへ自動で受注を取り込みたい場合、チェックを入れます。
  • 出荷通知を自動実行
    LOGILESSからRMSへ自動で出荷情報を送信したい場合、チェックを入れます。
登録」をクリックします。

定期的な処理

商品対応表の更新(都度)

新しい商品の登録、または商品番号、項目選択肢の変更があった場合で、かつ在庫連携を行っている場合は、商品対応表の更新が必要です。

商品対応表の更新