楽天市場 受注伝票の自動連動

伝票ステータスの連動

APIによる連携が有効な場合 楽天市場の注文ステータスと、ロジレスの伝票ステータスは自動的に同期します。ステータス遷移のパターンは、その設定によって異なります。

ケース 1 : RMSで注文確認を行う場合(手動/自動)

楽天ペイでは、注文を受け付けたあと、「注文確認」処理が必要です。注文確認は、RMSから手動で実行するか、すべての注文を自動的に注文確認するか、いずれかの方法が選択できます。

このケースでは、RMSで発生したステータスの移動をロジレスが検知し、自動的にロジレス上のステータスも移動します。

ケース (2) ロジレスで注文確認を行う場合(自動)

注文確認を実行すると、楽天市場により購入者へ決済手続きが行われます。注文内容、金額、送料、手数料の変更を注文確認後に実行すると、クレジットカードの再オーソリーが行われたり、銀行振込、コンビニ払いで過不足金が発生したりするなどの不都合が起きることがあります。

たとえば、離島への注文や、特別な商品の注文などをロジレスで一度確認待ちに止め、それ以外の注文についてはロジレスが注文確認することで、柔軟な業務フローを実現できます。

そのほかの連携

楽天市場での変更を取込

ロジレスでの変更を取込

よくあるご質問

受注をキャンセルしたい

新規受付、楽天処理中のいずれかのステータスの場合は、RMSからキャンセルしてください。自動的にロジレスでもキャンセルとなります。

発送待ち以降のステータスの場合は、ロジレスでキャンセルを行ってから、RMSでキャンセルしてください。すでに出荷作業中に移動している場合、キャンセルできません。

受注内容を変更したい

金額が変動しない変更の場合は、ロジレスのみの変更でも問題ありません。金額が変動する場合は、RMSでも変更をお願いいたします。

在庫連携を行っている場合は、在庫数も自動的に補正されます。在庫連携を行っていない場合は、手動で在庫数を更新してください。

出荷後に配送追跡番号を変更したい

すでにRMSへ配送追跡番号が連携されている場合は、ロジレスで配送追跡番号を変更しても反映されません。 手動で反映をお願いいたします。