BASE APIで連携

連携の概要

LOGILESSとBASEのAPI連携を有効にした場合、その設定に応じて次の項目を自動的に連携できます。

受注情報

BASEから未発送の受注情報が取り込まれます。

受注情報をLOGILESSに取り込んだ後も、一部のステータスや受注情報が自動連動します。

自動連動の詳細

出荷情報

LOGILESSで出荷済みになった受注伝票は、配送追跡番号がBASEに送信され、ステータスが変更されます。

在庫数の連動

フリー在庫数をBASEに送信します。

商品情報の同期

BASEには、店舗が指定可能な商品コードがありません。

「種類」のない商品は、「item_id」が商品コードとして使用されます。
「種類」のある商品は、「item_id」と「variation_id」を「:」(コロン)で結合したものを商品コードとして使用します。

BASEの「item_id」「variation_id」は、BASEの管理画面上で確認、変更はできません。LOGILESSの「商品対応表 自動作成」機能を使用して、LOGILESSの商品マスタとマッピングします。

LOGILESSでの操作方法

メニューの「マスタ」をクリックします。
(メニューが表示されていない場合は、画面上部の「三」をクリックしてメニューを開いてください)
タブメニューの「商品対応表」をクリックします。
自動作成」をクリックします。
プラットフォームが「BASE」の店舗をクリックします。
手順(1) : 商品マスタをBaseから取得」で、「取得」をクリックします。
BASEから自動的に商品情報が取得されます。
アップロードした商品コードが「手順(2) : 登録済みの商品対応表と比較」に表示されるので、商品対応表の追加、更新、削除を行います。
更新」ボタンをクリックすると、設定した値が一時的に保存されます。(商品対応表にはまだ反映されません

反映」ボタンをクリックし、STEP 6. で一時保存したデータを商品対応表に反映します。

Appによる拡張

BASEには、機能を拡張するための「App」が豊富に用意されていますが、一部の機能はLOGILESSとの連携に対応していません。利用前に、必ず取込テストをしてください。

配送日指定App

配送希望日、配送希望時間帯を設定できます。
購入者の入力内容は、自動的にLOGILESSに取り込まれます。

送料詳細設定App

複数の配送手段を設定したり、地域別送料や購入金額に応じた送料無料にも対応しています。
送料詳細設定Appの利用を行っている場合で、かつ任意の名称の配送方法を追加している場合は、「詳細設定」から、配送方法の置換ルールを追加してください。

定期便App

定期便を提供できます。
定期購入情報に合わせて注文が作成されると、LOGILESSに「受注」として自動的に取り込まれます。

定期便に関する特別な項目は、受注伝票に次のように取り込まれます :
BASE : 定期便ID → LOGILESS : 定期購入ID
BASE : 注文回数 → LOGILESS : 定期購入お届け回数

定期的な処理

商品情報の同期(随時)

新規に商品を追加した場合は、都度LOGILESSで商品対応表の自動作成を行う必要があります。

このページに関連するステップ

この記事は役に立ちましたか?