EC-CUBE 2系 APIで連携

連携の概要

LOGILESSとEC-CUBEのAPI連携を有効にした場合、その設定に応じて次の項目を自動的に連携できます :

受注情報
EC-CUBEから指定のステータスに移動した受注情報が取り込まれます。

出荷情報
LOGILESSで出荷済みになった受注伝票は、EC-CUBEで指定のステータスに変更されます。

在庫数の連動
LOGILESSとEC-CUBEの在庫数を連動させることができます。

在庫数を連携するには、商品対応表の作成が必要です。

注意事項

EC-CUBEでのAPI連携には、プラグインのインストールが必要です。
プラグインは、カスタマイズや他社が提供するプラグインをインストールしていない、EC-CUBE 2.13.5で動作確認しています。
EC-CUBE側で発生するエラーについては、弊社で原因の特定を行うことが困難なため、サポートはできません

初期設定

EC-CUBEでの操作方法

管理画面にログインします。
左側のメニューから「オーナーズストア」→「プラグイン管理」→「プラグイン管理」の順にクリックします。
プラグイン登録」のフォームを使って、下のリンクからダウンロードしたプラグインをインストールします。
登録されたプラグイン「ロジレス」下の「有効」チェックボックスをオンにします。

LOGILESSでの操作方法

メニューの「設定」をクリックします。
タブメニューの「店舗」をクリックします。
プラットフォームが「EC-CUBE(2系)」の店舗をクリックします。
連携の設定」をクリックします。
API設定」をクリックします。
連携の設定を行います。
  • サイトのURL – EC-CUBE トップページ(購入者向けページ)のURLを入力します。
  • 管理画面のログイン情報 – EC-CUBEの管理画面にアクセス可能なユーザのログインIDとパスワードを入力します。
  • EC-CUBEのステータス – ここで指定されたステータスの受注を取り込みます。
  • 受注取込を自動実行 – LOGILESSへ自動で受注を取り込みたい場合、チェックを入れます。
  • 出荷通知を自動実行 – LOGILESSから自動で出荷情報を送信したい場合、チェックを入れます。
登録」をクリックします。