集合包装

集合包装の概要

集合包装マスタは、単一の「通常」商品マスタが複数個梱包されていることを示す商品マスタです。集合包装には次のような特徴があります。

  • 単一の通常商品マスタが複数個梱包されている状態を表現します。たとえば、通常商品マスタAが24個入った箱に、商品コードBのバーコードが貼付されている場合は、商品コードBの集合包装を新たに作成します。
  • 集合包装の商品コードを指定して受注伝票を作成することはできません。また、在庫連携を行うことはできませんセット商品マスタを使用してください。
  • 庫内デバイスでの在庫操作(入荷、入庫、棚移動)が可能です
  • 庫内デバイスでの出荷検品では、ピッキング対象に集合包装の在庫が指定された場合のみ、集合包装がもつ商品コード、識別コードで検品ができます。

在庫数の算出

たとえば、Aという通常商品が24個入った集合包装Bがあった場合、Bが10個入庫されると、「保管状況」メニューでは在庫数がBが10個となりますが、「在庫」メニューではAが240個となり、フリー在庫数も240個を基準に受注数量を差し引いて計算されます。

構成商品の変更

集合包装マスタの構成商品は、登録後に変更することはできません

在庫の引当

受注伝票に対する在庫の引当は、通常商品ベースで行われます。集合包装の概念は、出荷伝票を出荷作業中に移動する際、物理在庫の引当時に利用します。

たとえば、集合包装(入数 10)の在庫が5個、通常商品の在庫が10個あるとします。

  • 受注に引当可能な、通常商品ベースの在庫数は (10×5) + 10 = 60個となります。
  • 集合包装の入数に満たない受注の場合は、「単品(通常商品)」の在庫が物理的に引き当てられます。たとえば、受注伝票明細行に数量 5個が指定された出荷伝票を出荷作業中に移動した場合、通常商品の在庫 5個が引き当てられます。
  • 集合包装の入数以上受注の場合は、「集合包装」の在庫が優先して引き当てられます。たとえば、受注伝票明細行に数量 20個が指定された出荷伝票を出荷作業中に移動した場合、集合包装の在庫が2個引き当てられます。
  • 「単品(通常商品)」の在庫がすべて引き当てられた状態で、集合包装の入数に満たない受注があった場合は、「集合包装」の在庫を「単品(通常商品)」に変換して、物理的に引き当てられます。たとえば、「単品(通常商品)」の保管中在庫数が0の状態で、受注伝票明細行に数量 5個が指定された出荷伝票を出荷作業中に移動した場合、集合包装の在庫が「単品(通常商品)」10個に変換され、そこから5個が引き当てられます。

集合包装マスタの管理