受注をAPIまたはCSVでもう一度取り込み直したい。

受注伝票をキャンセルする際、「同じ受注コードで新規受注の作成を許可」オプションを選択することで、同じ受注コードの受注を作成することができるようになります。

注意

APIによる再取り込みの場合、キャンセルする受注が、引き続き取り込みの対象になっているかどうか確認してください。プラットフォームにより条件は異なりますが、おおむね1週間以内の未出荷の受注であれば再取り込みされます。

操作方法は、受注伝票をキャンセルするを参照してください。

この記事は役に立ちましたか?