最小限の項目のみで受注伝票を一括登録したい。

サンプル品の提供や、プレゼントの発送などで、最小限の項目のみを指定して受注伝票を登録することができます。

最小限の項目のみを記載したCSVファイルと、そのCSVファイルを取り込むためのインポート形式(CSVレイアウト)を作成することで実現します。

注意

プラットフォーム「汎用」以外の店舗では、手動で作成したCSVファイルをインポートできません。手動で作成したCSVファイルを使用して受注伝票を一括登録するには、事前に「汎用」プラットフォームの店舗を作成してください。

この方法で作成される受注伝票

  • 支払方法はすべて「支払なし」です。入金待ちになることはありません。

インポート形式を新たに作成する

「受注伝票(一括更新)」のインポート形式がまだ作成されていない場合は、次の手順を実行して、シンプルなCSVファイルを使ったオペレーションを構築できます。

インポート形式を作成する

受注伝票(一括更新)」のインポート形式に確認待ちに変更するためのインポート形式がまだない場合は、事前に作成します。

メニューの「設定」をクリックします。
タブメニューの「CSVフォーマット」をクリックします。
インポート形式」をクリックします。
受注伝票」を選択します。
上部のタブメニューから「新規作成」を選択します。
その他の新規登録オプション」をクリックし、「JSONファイルから新規登録」をクリックします。
インポート形式の名前」を 「受注伝票を一括登録(最小限の項目)」など任意の名前 とし、「JSONファイル」として下記のファイルをアップロードします。

CSVファイルを作成する

  • 受注コード(必須) – 任意の受注コードを入力します。組織内で一意である必要があります。
  • 購入者名1(必須)
  • 購入者名2
  • 購入者 郵便番号
  • 購入者 都道府県
  • 購入者 住所1
  • 購入者 住所2
  • 購入者 住所3
  • 購入者 電話番号
  • 購入者 メールアドレス – LOGILESSからメールを送信する場合は必須
  • お届け先名1(必須)
  • お届け先名2
  • お届け先 郵便番号(必須)
  • お届け先 都道府県(必須)
  • お届け先 住所1(必須)
  • お届け先 住所2
  • お届け先 住所3
  • お届け先 電話番号
  • 配送方法(必須)利用可能な配送方法の文字列は一覧で確認します。
  • お届け希望日
  • お届け希望時間帯
  • 送り状 特記事項
  • 商品コード(必須)
  • 数量(必須)

CSVファイルの構造

複数の商品を明細行に含める場合は、受注コードによってひとまとまりの受注伝票を判定します。受注伝票に関する情報は、明細行の数だけ繰り返し入力します

アップロードする

メニューの「受注」をクリックします。
タブメニューの「受注伝票」をクリックします。
一括登録」をクリックします。
店舗」を選択します。
インポート形式」を選択します。
ファイルを選択し、「アップロード」をクリックします。

この記事は役に立ちましたか?