接続元のIPアドレスを制限する

はじめに

IPアドレス制限を設定すると、LOGILESSへのアクセスを自社のネットワークだけに許可し、社外からのアクセスを遮断できます。
社外の第三者による不正なアクセスを防ぐため、IPアドレス制限を設定しておくことを推奨します。

IPアドレス制限の設定では、LOGILESSへのアクセスを許可するネットワークを、「グローバルIPアドレス」で指定します。
お使いのネットワークのグローバルIPアドレスは、ネットワークの管理者やプロバイダーに確認してください。

グローバルIPアドレスは、複数指定できます。

操作方法

メニューの「設定」をクリックします。
タブメニューの「組織」をクリックします。
組織の設定」セクションの下部にある「編集」をクリックします。
IPアドレス制限」のセクションの「IPアドレスを追加」をクリックし、アクセスを許可したいIPアドレスを設定します。
送信」をクリックします。