Amazon.co.jp APIで連携

連携の概要

Amazon.co.jpと楽天市場のAPI連携を有効にした場合、その設定に応じて次の項目を自動的に連携できます。

受注情報

セラーセントラルからLOGILESSへ、受注情報が自動で取り込まれます。

受注情報をLOGILESSに取り込んだ後も、一部のステータスや受注情報が自動連動します。

出荷情報

LOGILESSからセラーセントラルへ、出荷情報(配送会社、配送追跡番号)が自動で送信されます。

在庫数の連動

LOGILESSとセラーセントラルの在庫数を連動させることができます。

在庫数を連携するには、商品対応表の作成が必要です。

注意

在庫連携を行う場合、「出荷作業日数」と「入荷予定日」に注意してください。必ず「商品対応表の詳細」をご覧ください。

初期設定

セラーセントラルでの操作方法

Amazon MWSにアクセスします。
アカウントにサインインします。Amazon Seller Centralにログインする際に使用するメールアドレス、パスワードを使用してください。
サードパーティの開発者およびアプリ」のセクションから「アプリ管理を表示」をクリックします。
新規に開発者にアクセス権を付与」をクリックします。
入力フォームが表示されます。
  • 「開発者氏名」に「ロジレス」と入力します。
  • 「開発者ID」に「6579-3951-5896」と入力します。
次へ」をクリックします。
同意事項にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。
出品者ID」、「マーケットプレイスID」、「MWS認証トークン」 が発行されます。この3つの値は、次のLOGILESSでの操作で使用します。

LOGILESSでの操作方法

メニューの「設定」をクリックします。
タブメニューの「店舗」をクリックします。
プラットフォームが「Amazon.co.jp」の店舗をクリックします。
連携の設定」をクリックします。

API設定」をクリックします。

連携の設定を行います。
登録」をクリックします。

定期的な処理

商品対応表の更新(都度)

新しい商品の登録、またはセラーSKUの変更があった場合で、かつ在庫連携を行っている場合は、商品対応表の更新が必要です。