Amazon.co.jp 商品対応表

Amazon.co.jpの商品コードとLOGILESSに登録された商品コードの紐づけ方法を説明します。

注意

注意

出荷作業日数」をデフォルト値以外にしている場合は、必ずこの手順に従ってLOGILESSにも出荷作業日数を登録してください。この手順は、出荷作業日数を変更したときにも行う必要があります。正しい手順で商品対応表の作成を行わずに在庫連携を行った場合、出荷作業日数がデフォルト値に戻ります。

注意

FBA出荷を行っているSKUは在庫連携を有効にしないでください。FBA出荷を行っているSKUの場合、LOGILESSから在庫連携が行われると「自社出荷」に切り替わります

注意

入荷予定日」を使用しているSKUは在庫連携を有効にしないでください。LOGILESSから0以上の数量で在庫連携が行われたタイミングで入荷予定日が削除されます

操作方法

セラーセントラルでの事前準備

  1. セラーセントラルにアクセスします。
  2. 画面上部の「在庫」をクリックし、「出品レポート」を選択します。
  3. レポートの種類」から「出品詳細レポート」を選択します。
  4. 出品レポート生成のリクエストが送信され、「出品詳細レポート」が一覧に追加されます。表示されない場合は、少し時間を置いて、「更新」をクリックしてください。
  5. ダウンロード」をクリックしてTXTファイルをダウンロードします。

「出品詳細レポート」にはすでに在庫がない商品は含まれていないことがあります。「出品されていない商品のレポート」も併せて確認してください。

LOGILESSでの操作

メニューの「マスタ」をクリックします。
タブメニューの「商品対応表」をクリックします。
自動作成」をクリックします。
プラットフォームが「Amazon.co.jp」の店舗をクリックします。
アップロード」をクリックします。
サンプルファイルをダウンロードして、A列「出品者SKU」に、先ほどダウンロードしたCSVファイルから「出品者SKU」をコピーして貼り付けます。
B列「出荷作業日数」はデフォルト値以外を使用している場合は必ず指定してください。
ファイルを選択」をクリックして、STEP 6. で作成したファイルを選択し、「アップロード」をクリックします。
アップロードした商品コードが「手順(2) 登録済みの商品対応表と比較」に表示されるので、商品対応表の追加、更新、削除を行います。
追加の場合は、LOGILESSの商品コードをフォーム上で入力してください。Amazon.co.jpの商品コードとLOGILESSの商品コードが同じ場合は自動で入力されます。

更新」ボタンをクリックすると、設定した値が一時的に保存されます。(商品対応表には反映されません)

反映」ボタンをクリックし、STEP 8.で一時保存したデータを商品対応表に反映します。