梱包資材ポリシー

LOGILESSから出荷伝票を出荷する際に使用する梱包資材、同梱物を計算し、出荷指示書に記載することが可能です。

ヒント

梱包資材ポリシーは、倉庫毎に登録する必要があります。

ほかの機能との違い

受注伝票のマクロ :
明細行の追加
受注伝票のマクロ :
出荷指示書 特記事項へ追記
梱包資材ポリシー
受注の登録時、確定時の適用のみ
(明細行が追加、変更、キャンセルまたは出荷伝票が分割、同梱された場合に、再計算されない。)
受注の登録時、確定時の適用のみ
(明細行が追加、変更、キャンセルまたは出荷伝票が分割、同梱された場合に、再計算されない。)
出荷伝票が変更されるたびに再計算される
通常の商品と同様に在庫が引き当てられ、厳密な管理が可能。在庫数は自動的に増減しない。在庫数は1日に1度、使用分が自動的に出庫される。(オプション)
梱包資材の在庫がない場合、引当待ちとなる。梱包資材の在庫がない場合も引当待ちにならない。梱包資材の在庫がない場合も引当待ちにならない。

梱包資材ポリシーの管理

メニューの「設定」をクリックします。(メニューが表示されていない場合は、画面上部の「三」をクリックしてメニューを開いてください)
タブメニューの「倉庫」を選択します。
倉庫をクリックします。
サブナビゲーションの「梱包資材ポリシー」をクリックします。
ポリシーを追加する場合は「追加」、編集する場合は「編集」をクリックします。
各値を設定し、「登録」をクリックします。

計算結果の確認

梱包資材ポリシーにより計算された梱包資材は次の場所で確認できます。

出荷伝票の詳細画面

出荷伝票の詳細画面で、計算された梱包資材の一覧を確認できます。

出荷指示書

計算された梱包資材の一覧は、出荷指示書でも確認できます。

この記事は役に立ちましたか?