マーチャントごとの設定

新しいマーチャント(荷主)を受け入れたときは、個別の在庫管理、および出荷オペレーションを構築します。

操作方法

メニューの「マーチャント」をクリックします。
編集したいマーチャントの倉庫IDをクリックします。
画面上部のタブメニューから「編集」をクリックします。
内容を変更し、「変更を保存」をクリックします。

変更が可能な項目

配送会社ごとの設定

ヤマト運輸

  • ご請求先顧客コード
  • ご請求先分類コード
  • 運賃管理番号

佐川急便

  • お客様コード
  • 代金引換 決済種別
  • お届け希望時間帯
  • ケアマーク
e飛伝 II / e飛伝Proを利用する

西濃運輸

  • 荷送人コード(運賃契約コード)

福山通運

  • 荷送人コード(ご依頼主コード)

在庫操作の設定

  • 出荷期限日の入力が必須 – 「入荷」メニューを使用する際、出荷期限日の入力を必須にできます。
  • ロット番号の入力が必須 – 「入荷」メニューを使用する際、ロット番号の入力を必須にできます。
  • デフォルトの入荷先ロケーション – 「入荷」メニューを使用する際、デフォルトで入力されているロケーションを指定できます。
  • 出荷期限日の警告 – 出荷期限日の○日前にダッシュボードでお知らせします

出荷作業の設定