庫内デバイス

LOGILESSでは、在庫操作、在庫レポートの参照、出荷検品といった庫内作業を効率的に行っていただくため、各デバイス向けに専用のアプリケーションをご提供しております。すべてのデバイスは併用でき、SKU数、保管数量、出荷件数に応じて最もコストパフォーマンスの良い組み合わせを選択できます。

利用可能なデバイス

Androidアプリ
Androidスマートフォンに専用アプリをインストールして在庫操作、在庫レポートの参照、出荷検品が可能です。カメラを使用してバーコードを読み取ります。
ハンディターミナル
キーエンスが提供するハンディターミナルを使用して在庫操作、出荷検品が可能です。赤外線またはカメラを使用してバーコードを読み取ります。
バーコードスキャナ
汎用バーコードスキャナと、PC、スマートフォン、またはタブレットを接続して出荷検品が可能です。

利用の前提条件

  • デバイス本体は、別途ご用意ください。LOGILESSからはアプリケーションのみご提供します。
  • ハンディターミナルを利用するには無線LAN(Wi-Fi)環境が必要となります。

デバイスの比較

デバイスの併用

すべてのデバイスは併用できます。また、同一オペレーターで管理するすべてのマーチャントの在庫操作、在庫レポートの参照、出荷検品が可能です。

ほとんどの出荷現場では、「出荷検品」件数の波動が大きく、処理にかけられる時間も限られるため、なるべくたくさんのデバイスを用意する必要があります。一方で、入荷、入庫、棚移動などの「在庫操作」は波動が少なく、処理にかけられる時間にも余裕があります。そのため、次のような組み合わせでデバイスを準備することでコストパフォーマンスを最大化できます :

  • ハンディターミナル – 初期費用が高額な一方、作業効率が高いので、 平均的な入荷量を処理できる台数を利用します。
  • Android アプリ – 初期費用が安価な一方、作業効率が高くないので、在庫レポートの参照や、ピーク時用の予備デバイスとして利用します。在庫操作に使用しない時は、バーコードスキャナと組み合わせて、出荷検品にも活用できます。
  • バーコードスキャナ – 初期費用が安価で、出荷検品のみですが作業効率も高いので、なるべく多くの台数を確保します。