実地棚卸

はじめに

データベースに登録されている在庫数(論理在庫)と、実際の在庫数を比較し、差異を検証することができます。
実際の在庫数の入力は、画面からの手入力、CSVによる一括入力、庫内デバイスでの入力がご利用いただけます。

注意

実地棚卸を実行中の倉庫(荷主)では、次の操作を行うことができません。

  • 在庫操作(入荷/入庫/棚移動/出庫/変換)
  • 出荷作業を開始する操作、出荷作業中から出荷待ちに出荷伝票を戻す操作

操作方法

実地棚卸を開始する

STEP 1.
メニューの「在庫」をクリックします。

STEP 2.
画面上部のタブから、「在庫操作」をクリックします。

STEP 3.
画面上部のタブから、「実地棚卸」をクリックします。

STEP 4,
実地棚卸を開始するマーチャント(荷主)を選択します。

STEP 5.
実地棚卸を開始する」をクリックします。

実地棚卸を確定する

実地棚卸の実行画面右上にある「実地棚卸を確定」をクリックすると、実際の在庫数で、データベースの在庫数(論理在庫)を上書きします。

実地棚卸をキャンセルする

実地棚卸の実行画面右上にある「実地棚卸をキャンセル」をクリックすると、現在までに入力された実際の在庫数のデータが破棄されます。

実地棚卸の進め方

実際にカウントした在庫数(実在庫数)をシステムに反映させるには次の3つの方法があります。

(1) 庫内デバイスを使用する

Androidアプリ、またはハンディターミナルを使用して実在庫数をロジレスに反映させます。在庫の外装に商品バーコードが貼付されている場合に有効です。

(2) 実在庫数を手動で入力する

LOGILESSから全在庫のレポートを出力し、実際の在庫数をカウントしたあと、差分のあったものだけを入力します。

在庫レポートの出力方法

STEP 1.
実地棚卸明細のすべてのレコードを選択します。

STEP 2.
出力」をクリックし、「在庫一覧表」を選択します。

「理論在庫数」を「実際の在庫数」に上書きする

差分がある商品のほうが、差分がない商品よりも少ない場合、「理論在庫数」を「実際の在庫数」に上書きし、差分のあるものだけを修正することができます。

STEP 1.
実地棚卸明細のすべてのレコードを選択します。

STEP 2.
一括処理」をクリックし、「実際の在庫数を理論在庫数で上書き」を選択します。

差分の入力方法

実際の在庫数」に数量を入力し、「更新」をクリックします。

(3) 実在庫数をCSVでアップロードする

実在庫数を記録したCSVファイルをLOGILESSにアップロードします。

画面上部(マーチャント名の横)にある「操作」から、「実地棚卸結果をアップロード」をクリックします。

  • 商品コード(必須)
  • 実際の在庫数(必須)
  • ロケーション名(必須)
  • 出荷期限日
  • ロット番号

実際の在庫数は、(1) 符号を使用する方法 と (2) 絶対値を入力する方法があります :
+1-1 のように符号を使用した場合は、実際の在庫数に加算/減算します。数字のみを入力した場合は、上書きします

出荷期限日やロット番号が指定された理論在庫が存在する状態で、出荷期限日やロット番号が記載されていない実地棚卸結果をアップロードすると差分が発生します。その状態で確定を行うと、出荷期限日やロット番号が削除されます。