Ship&Co

「出荷業務を簡単に」Ship&Coを使用すれば、ワンクリックで送り状とインボイスを発行できます。Ship&CoとLOGILESSを統合することで、海外向け発送のための送り状出力をLOGILESSから行うことができます。

連携の概要

Ship&CoとLOGILESSの統合には、Ship&Coのアカウントが別途必要です。また、送り状を発行すると、その発行件数に応じてShip&Coへの利用料金が、LOGILESSの利用料金と別に必要となります。

利用可能な配送方法

現在、LOGILESSを経由してShip&Coから送り状の発行が可能な配送方法は次の通りです。

  • EMS
  • FedEx
  • DHL
  • ペガサス グローバルエクスプレス
  • DCMS

連携を開始する

Ship&Coでの操作

ヒント

事前に、Ship&Coのアカウント作成と、利用する運送会社の設定が完了している必要があります。

設定」から「API設定」セクションにある、「トークン」文字列をコピーします。

LOGILESSでの操作

メニューの「設定」をクリックします。
タブメニューの「統合」をクリックして、「Ship&Co」を選択します。
Ship&Coを利用する倉庫を選択します。
APIトークン」フィールドに、先ほどShip&Coダッシュボードから取得した「トークン」を貼り付け、残りの項目を設定します。
  • 内容品区分 – 送り状、インボイスに記載される「内容品区分」を選択してください。
  • デフォルトの梱包材 – 「梱包材」のサイズ、重さの初期値を選択します。サイズ、重さの自動計算も参照してください。
  • 配達署名を要求 – 「配達署名を要求」の設定の初期値を選択します。
  • DDP(送料・関税 荷送人負担) – 「DDP(送料・関税 荷送人負担)」の設定の初期値を選択します。
  • 損害賠償額を商品合計から転記 – 「損害賠償額」を商品合計金額から自動的に初期値として転記するかどうかを選択します。
  • FedEx : 便種 – FedExをご利用いただく場合の便種を選択します。未選択の場合は自動的に「International Economy」が選択されます。
  • Pegasus : 便種 – ペガサス グローバルエクスプレスをご利用いただく場合の便種を選択します。未選択の場合は自動的に「DHLルート」が選択されます。
  • 商品マスタとのマッピング海外発送に必要な商品情報を、商品マスタのどの項目から取得するかを選択します。
  • 荷送人 – 送り状に記載される依頼主情報です。英語(アルファベット)で記載されることをお勧めいたします。
確定」をクリックします。

海外発送に必要な商品情報の登録

配送方法によっては、商品マスタに海外発送に必要な商品情報の登録が必要になることがあります。
Ship&Coで送り状発行時に求められることがある商品情報は次の通りです。

  • 商品名 – 半角英数字(アルファベット)で記載された商品名
  • HSコード(統計品目番号) – 国際貿易商品の名称及び分類を世界的に統一する目的のために作られたコード番号で、貨物を輸出入する際の品目分類に用いる輸出入統計品目番号
  • 品名、内容物 – 半角英数字(アルファベット)で記載された内容物の詳細
  • 原産国 – 原産国をISO 3166-1 alpha-2の2文字国コード

これらの項目を商品マスタのどの項目から取得するかを設定でマッピングしたあと、商品マスタのフリー項目1〜20に各項目を登録します

送り状を発行する

送り状の発行は、オペレーター(倉庫)側で行います。送り状の発行方法をオペレーターに共有してください

Ship&Co 送り状の発行

なお、海外向け発送に必要な送り状の発行には、オペレーター(倉庫)側で荷物のサイズ、重量の計測と、LOGILESSへの入力が必要となります。これには、別途作業必要が必要な場合があります。事前に、海外発送に係るオペレーションの作業費用を確認してください。