Yahoo!ショッピング 初期設定

店舗の作成

LOGILESS上にYahoo!ショッピング用の店舗を作成し、連携のための事前設定を行います。

メニューの「設定」をクリックします。(メニューが表示されていない場合は、画面上部の「三」をクリックしてメニューを開いてください)
タブメニューの「店舗」をクリックします。
店舗の追加」をクリックします。
各値を設定します。
  • プラットフォーム
    必ず「Yahoo!ショッピング」を選択してください。
  • 店舗名
    LOGILESSの画面や納品書、送り状の店舗名に使用されます。
    他の店舗を追加する場合は、Yahoo!ショッピングであることをわかるように設定することをお勧めします。(例:〇〇ショップ(Yahoo!ショッピング))
  • 店舗名かな
    店舗名の読み方を設定してください。
  • 店舗表示名
    店舗表示名を設定すると、納品書や送り状の店舗名に優先して表示されます。入力しない場合は、店舗名が店舗表示名として使用されます。
  • 所在地
    配送会社送り状の依頼主(荷送人)に使用されます。
  • 問い合わせ先
    納品書に記載されます。
  • デフォルトの出荷元
    この店舗で商品が売れた際に出荷する倉庫を選択します。
  • 店舗コード
    店舗をまたいだ、CSVでの一括登録時に使用します。通常は使用しません。
登録」ボタンをクリックします。

連携の設定

連携の設定を行います。これは、Yahoo!ショッピングで用意された配送方法、お届け希望時間帯、支払方法と、LOGILESSで利用可能なオプションとを関連付ける作業です。
マッピングが不足した場合、不明な配送方法、支払方法の受注はCSVで取り込むことができません。

各値を設定します。
登録」をクリックします。

ストアアカウントの確認方法

Yahoo!ショッピングで使用しているストアアカウントを入力してください。ストアアカウントはストアクリエイターProにて確認できます。

配送方法の確認方法

「店舗の配送方法」にYahoo!ショッピングの“postage<番号>”使って、LOGILESSでの配送方法を設定します。
例)店舗の配送方法「postage1」を「ヤマト運輸 宅急便」としてLOGILESSに取り込む。
・Yahoo!ショッピングで使用されている文言の確認方法
1.ストアクリエイターPro :ストア構築 > カート設定 > 配送方法、送料設定の順にクリックします。
2.Postage<番号>と対になる配送方法を確認します。