受注伝票と出荷伝票で配送方法が異なります。

出荷伝票は、受注伝票をもとに自動的に作成されますが、その後「デフォルトの配送方法」や「出荷伝票のマクロ」を使用して出荷伝票の配送方法のみを変更すると、受注伝票と出荷伝票の配送方法が一致しない状態となります。

受注伝票の配送方法と、出荷伝票の配送方法は、受注伝票の詳細画面で一度に確認できます。受注伝票の配送方法と出荷伝票の配送方法が異なる場合、「配送方法」に!マークが表示されます。

出荷伝票の配送方法の変更を、受注伝票に反映させる(常に同じ配送方法となるよう同期させる)には「組織の設定を変更」し、「出荷伝票の配送方法の変更を、受注伝票にも反映させる」を有効にします。

ただし、出荷伝票が別の受注伝票の明細行と同梱されている場合や、出荷伝票が分割され、複数の配送方法をもつ状態になっている場合、この設定が機能しないことがあります。