メールディーラー

メールディーラーとは

複数名でのメール共有・管理・対応を効率的に行うことができるメールグループウェアで、操作性の高さと機能の豊富さが特長です。

顧客からの問い合わせメールへの対応状況や履歴を一目で確認することができるため、対応の漏れや遅れを未然に防ぐことができます。集計機能も充実しており、業務全体の管理および改善を行うことが可能です。

サービスの詳細はこちら

LOGILESSとの統合

メールディーラーとの連携機能を使用すれば、顧客とのコミュニケーション履歴をLOGILESSの受注情報に関連付けて表示することが可能になります。
受注伝票詳細画面では、購入者メールアドレスに基づき、関連するメールの一覧を同じ画面で確認できます。さらに、同じ画面内でメールの本文の確認や、返信まで完結できます。

注意
LOGILESSとの統合は、LOGILESSのユーザー単位で行います。ある特定のユーザーで統合を有効にしても、組織のほかのユーザーでは有効になりません。

利用開始の手順

メールディーラーでの操作(APIトークンの取得)

権限の確認

LOGILESSとの統合には、メールディーラーAPIを利用します。APIはユーザー単位で利用可能です。 利用する場合、統合に使用するユーザーに「API連携」、およびメールボックスへの権限があることを確認してください。

画面右上の「ユーザー名」から「個人設定」を選択します。
「その他」タブをクリックします。
APIトークンの「生成」をクリックします。表示されたAPIトークンを控えます。まだAPIトークンは保存されていません
最後に「変更」をクリックします。

LOGILESSでの操作

メニューの「設定」をクリックします。(メニューが表示されていない場合は、画面上部の「三」をクリックしてメニューを開いてください)
タブメニューの「統合」をクリックします。「メールディーラー」を選択します。
ドメイン」、「メールボックスID」、先ほど取得した「APIトークン」を入力し、「確定」をクリックします。
この操作で、受注伝票詳細画面から、メールディーラーの受信箱を開くことができるようになります。