税率変更の適用日について

原則として、消費税額は課税資産の譲渡等を行った時点での税率で計算されます。一方で、多くのカート/モールでは、購入時点で税率が決定されています。そのため、購入時に購入者に請求した税額と、出荷時の税額が異なる可能性があります。

(例)9月30日に注文された1,000円(税抜)の商品を、10月1日に発送する場合 :
顧客に請求される消費税額は80円(8%)となりますが、事業者が納税する消費税額は100円(10%)となるケース

その場合の処理方法は、 大きく分けて2つのパターンがあります。

(1) 追加請求は行わない場合

購入者に差額の消費税額を追加請求しないパターンでは、特にロジレスでの操作は必要ありません。

(2) 追加請求を行う場合

9月30日の出荷締め切り後、10月1日以降の出荷となることが確定した受注について、税率を変更し、差額が発生する場合は請求する場合、ロジレスでの税率の変更と、モール/カート側での税率の変更が必要となります。

ロジレス側では税率を一括で変更できる機能をご用意する予定です。一方で、モール/カート側での税率の変更、および追加請求の処理は、自動で行うことはできません。